新しい時代、そして新元号

ついに2017年が始まりましたね。

新年早々、お正月にお年玉をもらった子どもたちが、
銀行に貯金しに来る姿は微笑ましいものがありますね。

私も子どもの頃は、お正月明けにお年玉を貯金しに行きました。
キャラクター貯金箱などがもらえて嬉しかったですね。

親の方針で、まとまったお金は定期預金していました。昔は利率も良かったから。
あの頃じゃ信じられない状況ですが、今は普通預金も定期預金も同じ利率なので、
別に普通預金で構わないですけどね。

時代と共にどんどん変わりますね。
いよいよ平成も30年で幕を閉じようとしているらしく、新元号の検討に入ったとか。
次はどんな名前になるのだろうか。

去る9日は1月の一大イベント、成人式でしたね。
東京ディズニーランドでは毎年恒例の浦安市民の成人式が行われましたね。
この日ばかりは東京ディズニーランドにスーツ姿の男性陣の群れが現れると言う、なんとも不思議な光景。
テレビに映っていたスーツ姿の新成人、(絶対普段来なさそうな顔ぶれですが)
なんだか嬉しそうな表情に見えました。
そもそも東京ディズニーランドでミッキーマウスたちにお祝いしてもらえるなんて、
成人式が豪華なエンターテインメントと化してますね。

お隣り東京では、東京オリンピックの活躍が期待される若き選手達が、
成人式であでやかな姿を見せていましたね。

2020年、東京オリンピック・東京パラリンピックでの健闘を祈ります!

最後に、新成人の皆さん、おめでとうございます。

おすすめは、表参道ヒルズのツリー

今年も残すところあと2週間。
年々、一年が短く感じるのですが、今年も何と言うかあっと言う間でした。

とくに大きく変わったことがなかったので、可もなく不可もなく。
大きく成長しなかったことは反省すべき点かもしれませんが、
現状維持できたということにおいては良かったのかな…と思います。

クリスマスも指し迫り、東京の夜はなんだか賑やかです。
六本木ヒルズのクリスマスマーケットや、
日比谷公園の 東京クリスマスマーケットは、

平日仕事帰りにスーツ姿で立ち寄れるクリスマスイベントですね。

東京のクリスマスイルミネーションといえば、
やっぱり六本木ヒルズや東京駅周辺が有名ですが、
私は恵比寿ガーデンプレイスや表参道ヒルズなんかもオススメです。

実は先日表参道ヒルズへ行ってきました。
表参道ヒルズの良いところは、やっぱり室内で温かいところ。
キレイなイルミネーションは見たいけれど、寒い中見るのは、
年と共にカンベンして頂きたい。笑

若くても、女の子は寒がりな子が多いから、
実は野外のイルミネーションより室内が嬉しいって思う子は少なくないよね。
男性のみなさん、ちょっと配慮してみては?
・・・と言って、私のお気に入りスポットが人でごった返すのも嫌だけれど(笑)

ところで、今年のクリスマスイブとクリスマスは週末だから、スーツデートは難しそうですね。

いっきにクリスマスムード

そろそろ本格的に防寒対策が必要な時期ですね。
みなさんは、風邪など召されていませんか?

ハロウィンナイトから一夜あけたら、
街中の様子は様変わり。

ウィンドウに並ぶディスプレイが、流れるBGMが、
いっきにクリスマスの雰囲気が漂い始めましたね。

いったい、日本は何教なんだろう?と時に思ってしまいます。(笑)

でも、真っ暗な冬の夜道が、イルミネーションで明るく照らされると、
気分も明るくなるから本当は少し楽しみなんです。

【東京のクリスマスイベント】

●Marunouchi Bright Christmas 2016 < 11/10(木)~12/25(日)>
●ミッドタウン・クリスマス2016 < 11/15(火)~12/25(日)>
●クリスマス☆ゴスペル < 12/17(土)~12/24(土)>


ところで、11/2から東京大丸では、
半期に一度のスーツのイージーオーダー大会が始まりますね。
私の好きなゼニアも取り扱ってるので、ちょっと覗いてみようかな。
(いつもスーツをお願いしている店員さんには泣かれそうですが。笑)
スーツは、やっぱりオーダースーツに限りますね!
見た目も着心地も全然違いますから。

#オーダースーツ #東京 #クリスマス

初々しいスーツ姿が集まる10月

10月3日、東京の駅は、まだまだ学生気分が抜けない、
初々しい リクルートスーツ姿の学生であふれていました。

・・・そうか、内定式か。

今年は経団連が解禁する10/1が土日だったため、
多くの東京の企業は3日に内定式を行いました。
もちろん、当行もそのひとつ。

黒づくめなのが玉にキズですが、
これからの期待に目を輝かせるスーツ戦士たちに、
とってもフレッシュな 顔ぶれに、こちらの気持ちも爽やかに。

就職も決まって、あとは卒業を待つのみ。
(いや、卒論や発表があるかもしれないけれど)
学生にとって、今が一番良い時期ですよね。

私は学生時代を謳歌したタイプだから、
社会人になって、規則正しい早起きやスーツ着用がつらかったなぁ~(笑)

あのころは、あんまり自身の将来に向き合っておらず、
とりあえず「大手に就職さえすれば良い」と思っていました。

それに引き替え、貴乃花親方の息子、花田優一くんはしっかりしている。
10代で靴職人を志し、18歳から本場イタリアで修業、
去年帰国して、 仕入れから採寸・デザイン・縫製まですべて一人でこなす、
完全オーダーメイドの靴職人として活躍してるんだと。

しかも、バラエティー番組に出た彼は、スーツが似合うさわやかイケメン。

天は二物を与えるんだね・・・

紳士とネクタイ

スーツ姿のモテ男がすると、
女性の心をつかめる鉄板しぐさといえば・・・
●ネクタイを緩めるしぐさ
●腕まくり

まぁ、確かに、この外国人の写真を見ると
女性人が言わんとすることが、わからないでもない・・・

ちょっと話がそれてしまったが、
毎日スーツを着用する男にとって、ネクタイは相棒みたいなもの。
ネクタイの結び方にはバリエーションがあるけれど、
自身もついつい、同じ結び方になりがちだが、
ネクタイの結び方次第で、スーツの顔である「Vゾーン」の印象が
全く違うということまでは知っている。。。

なので、入社間もない時の後輩とのやり取りには驚いてしまった。
シングルノットの後輩のネクタイがあからさまに斜めに曲がっていた時のこと
私:「おい、ネクタイ曲がってるぞ・・・」
後輩:「締めるの下手なんですよ~。なんか曲がっちゃうんですよね~。
●●さん(私の名)みたいにノットがきれいな逆三角形にならなくて。」

(心の声:当たり前だ!シングルノットは左右対称にならない結び方・・・
そんなことも知らないかー!!)

私:「じゃあ、セミウィンザーノットにすればいいのに」
後輩: 「セミ・・?なんですか?」
私:「セミウィンザーノット。知らない?きみのはシンプルノットだから、曲がりやすいのかもね。」
後輩: 「え?結び方が違うんですか??」
私:「ネクタイの結び方って、ひとつじゃないよ?他にも色々あるんだけど・・・」
後輩: 「そうなんですかー!!(驚)」

(心の声:え、ネクタイの結び方、ググればいっぱい出てくるのに。知らない人、いるんだね・・・)

自分がスーツ好きだから気になるってのもあると思うけど、
東京の大手で働いているんだから、もうちょっとスーツ姿にもこだわろうよ?・・・ってね。
モテ紳士は、ネクタイの扱い方を知ってこそかもしれない。

都会のひまわり

大きな勢力で首都圏の被害が懸念された台風10号は、
東京を直撃することもなく、通り過ぎ、
8月の終わりは猛暑が返ってきましたね。

銀行員は、お盆はお休みじゃないので、
一般企業に比べて、夏休みムードを感じられないかもしれません。

ただ、取引先が夏季休業であったり、
夏休みだけに普段はスーツに身を包んでいるだろう男性のお客様や、
いかにも夏休みを満喫しているであろうお子さまをつれてくるご家族のお客様が、
来行されているお姿を見ると、
「あぁ、夏休みなんだなぁ~」「うらやましいなぁ」と感じますね。

夏になると室内に飾られる「ひまわり」の花。
なんか見ると元気が出ますよね。

最近は、自然に飢えているのか、
室内の花に心癒される自分がいます。笑

東京のオフィス街にいると、
たまにはスーツを脱いで、自然に触れたくなるんですよね~

街路樹くらいしかないから。
まぁ、日比谷公園とか行けばよいのかもしれませんが、
なかなか機会がないしね。

子供の頃、遊びに行ったような自然があふれる場所で、
ゆっくりキャンプでもしたいですね。

この前、同僚とそんな話で盛り上がったのですが、
部下の女の子は、「ひまわり畑行きたい」って言ってました。
なんか、カワイイですね

そして、「いつも元気でひまわりみたいですね」と言われました。
花にたとえられたのは初めてでしたが、悪い気はしませんでしたね。

・・・深い意味はないとは思うけれど、ちょっと気になります(笑)

7月の事情~スーツと東京都知事選~

連日の夏日はいったんお休みして涼しい日が続き…と思いきや、
本日の昼ごろにはすぐに暑くなりましたね。

早いものでもう7月。
多くのリーマンたちにとって嬉しいボーナス月!

でも、銀行の利回りが悪くなっちゃったからね~
ボーナスを貯金する人、減ったんじゃないかな。

この際、ボーナスをドーンとオーダースーツに変えてしまうのも、
スーツを着こなすサラリーマンにはアリな選択ですよね。
オーダースーツって、ある種の男の夢のような気がします。

スーツをオーダーメイドにすると、刺繍が入れられるから、
さらに特別感が増しますよね。
スーツの上着を脱いでその辺に置いても、
自分の名前の刺繍を見れば良いから間違えることもないし(笑)

名入れ刺繍は、漢字とローマ字から選べるから、気分に合わせてもいいしね。
仕立てるとスーツの上着で色々遊べるのもいい。
内ポケットの仕様を変えたり、
センターベントか動きやすいサイドベンツか選べたり 。

オーダースーツを着るだけで、男が上がりますよね。

ところで、東京都知事選も今月ですね。
都知事選が7月31日で、他の警備まで手に回らないという理由で、
隅田川花火大会の振替日なしになるなんて、
舛添前都知事、やってくれましたね…って感じだなぁ。
7/30は晴れるといいね。

梅雨の通勤

ついに梅雨に入りましたね。
雨の中の通勤ほど嫌なものはありませんね。

スーツのズボンの裾がビショビショになるのがたまらなく嫌です。
東京って、けっこう高低差が激しいじゃないですか、山あり谷ありの地形だから。低地はかなりの確率で水たまりが出来るんですよね。

下手すると、渋谷駅構内なんかも水たまり出来てるし、床が水浸し。
(それも東京の主要な駅なのにね。)

それと、雨で濡れたスーツで電車に乗るのも嫌ですね。
あんまりにもスーツが濡れてると、座席に座りにくいじゃないですか。
それに立っていても混雑してるから、お互い濡れたスーツで、濡らし合ったり。
前の人がレインコート着たまま着席して濡らした座席なんか、もう最悪のひとこと。

ただでさえ雨で濡れたスーツは妙な匂いなのに、
梅雨って妙に蒸し暑いから、そこに汗臭さが混じって…。
梅雨は、通勤地獄ですよ。

でも、最近はスーツにも合う、オシャレなレイングッズが増えましたよね。
男性向けのスーツに似合う革靴みたいなお洒落なレインシューズや、
やっぱりスーツに似合うレインコートが出ているし。

それらを着用すれば、少しは快適に過ごせるかもしれませんね。
ひょっとしたらレイングッズ使いたさに、雨の日が待ち遠しくすらなるかも。

東京オリンピックは問題多いなぁ~

今日は蒸し暑いですね。
東京のリーマンは、暑すぎてスーツのジャケット脱いでる人多いなぁ。

最近は、問題が静かになっていたと思いきや、
東京オリンピック招致のために、賄賂と思われる裏金のニュースが話題になっていますね。

おいおい、東京オリンピックに向けて、問題が多すぎるぞ!
競技場、エンブレム、宿泊先など、ただでさえ問題は山積みなのに。
東京オリンピックまで、あと4年。
無事に開催出来るのか、一国民として不安になりますね。

それにしても、今回の東京オリンピックに関する問題はひどすぎる。
官公庁をはじめ、いったいどういう仕事をしているのだろうか?

どんなに立派なスーツを身にまとっていても、
中身のない仕事をしているようではね・・・

費用が足りなくなれば、国民の税金で賄えばいい
・・・
そんな甘い考えでフワフワ仕事をされているのなら、
改心して頂きたいと願うばかりです。

いつまでも「お役所仕事」気分のままでいられては、国民も困ってしまいますから。

それにしても、「東京オリンピック」を通して、
本来ならば、東京や日本のイメージアップにつなげたいところなのに、
このままでは、イメージガタ落ちですね。

山積みになった課題に、日本はどう立ち向かっていくのか、
これからの日本に期待したいところです。

大企業トップの訓示


新入社員のみなさん、遅ればせながら、おめでとうございます!

リクルートスーツを着てる子が多いから、新入行員は黒づくめの集団に見えますね(笑)
4月は、ベテラン行員も、心なしかスーツがピカピカになっているように見えます(笑)
この時期に合わせておニューのスーツをオーダーしちゃう人、けっこう居るんだろうな。

ところで、4月1日の日経新聞の夕刊に「入社式 トップの訓示」が書かれていましたね。
トヨタ・シャープ・旭化成・三井住友銀行がピックアップされていました。

東京の大手バンクの一つ、三井住友銀行は、3か所で入行式を行っていますが、
これが、意外に思われるんですよね。
普通の入社式は、全社員そろって、一か所でやることが多いから。

やっぱり、トップのセリフはやはり違いますね。気持ちが引き締まります。
トップの言葉を読んで思いましたが、色々な企業にとって、ある意味、
新時代がやって来たと感じましたね。

三井住友銀行の頭取のセリフ通り、銀行ビジネスは大きな変化機に入りましたね。
「日銀のマイナス金利導入」がこれからの銀行ビジネスにもたらす変化は、いかほどか。
しかし、「変化はチャンス」と、常に前向きに取り組む姿勢が大切ですよね。

どんな時代でも、必ず成功するビジネスがあるものですから。
着眼点が良ければ、逆境を味方につけることが出来るでしょうね。

4月になると、新人の影響を受けるのか、
僕もなんだかピリッと気持ちが引き締まります。

「まだまだ頑張らなくちゃ!」と思って、
スーツに袖をとおし、今期もバンカーとして戦います。